衛生管理方法

冷研のレンタルケースを より安心に使用していただくためのご案内

食の安心、安全が重要視されている昨今、弊社のレンタルケースも例外ではありません。

ケースを利用して食品を販売されるお客様に、衛生的に問題のあるケースを提供するわけにはいきません。

レンタルケースをより安心してご利用いただくためのご案内です。

「Q:レンタルのケースって清潔なの?」「A:冷研のレンタルケースは外観がきれいなだけはありません。衛生的にも安全で清潔です!」

<安心な理由>

  1. 衛生検査の実施・・・第3者機関(財)日本食品分析センターによる調査
  2. 安全な洗剤を使用・・・安全データシートによる確認
  3. 正しい清掃方法の確立・・・清掃マニュアルにより定期的な改善

 

(1)衛生検査を実施

衛生検査

第3者機関 (財)日本食品分析センターに調査依頼

  • 時期・・・・夏(6月末~7月) 冬(2月~3月)の2回調査
  • 測定方法・・・・ふき取り調査 10cm2
  • 測定場所・・・・冷研 南倉庫
  • 測定数・・・・夏4台 冬6台 4部位/1台 一般細菌

測定結果

ケース部位  菌数
冬場/6台/平均値 夏場/4台/平均値
①冷気吹き出し口 147 125
②内底板中央 85 180
③底板内部冷却機・ヒーター付近 1220 310
④強制蒸発装置 5285 20

ケース部位

衛生状態の判断

→ファストフード店のバックヤード調理場における衛生基準値(1万個/10cm2以下)から判断する。

「出荷時のケースの衛生状態は良好と判断できる。よって保管、清掃方法も良好と判断できる。」

(2)安全な洗剤を使用

使用洗剤等は全てMSDS(安全データーシート)を所有し、マニュアルに従い使用しています。

また、清掃の仕上げで水洗いをして洗剤が残らないようにしています。

衛生検査の結果から、洗剤が残っていないことを証明しています。

(3)正しい清掃方法の確立

清掃マニュアルを作成し、定期的な見直しと改善を実施。また、食中毒についての勉強会を行っており、作業時の手洗いの徹底をしています。

衛生検査の結果から、ケースの衛生状態は良好と証明されています。

冷研は 今後も安心、安全なレンタルケースをご提供し お客様と共に前進を続けます!

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2005 - 2017 株式会社冷研 All Right Reserved.