お知らせ

平成から令和へ

こんにちは、業務部の青木です。

 朝晩の冷え込みが厳しくなり、我が家の猫さんたちも夜は布団の中に
潜り込んで来る様になりました。
 猫さん入って来ると温かいのはいいんですが、ぴったりくっついて
身動きとれなくなるのがちょっと困りものです。

 早いもので今年のカレンダーもあと1枚(ウチは日めくりだからまだ31枚ある…というツッコミはなしで)
になりなしたが、皆さんにとって2019年はどんな一年だったでしょうか?

 5月には「平成」から「令和」への改元、新天皇の即位という大きな出来事が
ありました。
 「昭和」から「平成」に変わった31年前は、改元即ち昭和天皇の崩御
ということもあり、今回の様な「お祝いムード」ではなかったのですが、それでも新時代への
期待であったり、何か身の引き締まる思いがしたものです。

 「令和」がどんな時代になって行くのか?
というより、いい時代にして次の世代へと繋げて行かなければなりませんね。

 また9月から11月にかけて、ラグビーワールドカップが開催され、
日本代表の躍進もあり非常に盛り上がりを見せました。

 ラグビーの「ノーサイド」はスポーツの試合終了を表す言葉として最も素晴らしい言葉だと
言われていますが、常に相手に対するリスペクトを忘れないノーサイドの精神は日常生活に於いても
持ち続けていたいもです。

 末筆になりましたが、今年一年のご愛顧に感謝いたしますとともに、
皆様が笑顔で新しい年を迎えられます様、お祈り申し上げます。

▲ このページの先頭にもどる

© 2005 - 2020 株式会社冷研